1. 運転免許転職求人情報 l 東京で就職先を探すならドライバーgoon(グーン)トップ
  2. タクシー求人情報の見方

タクシー求人情報の見方

ドライバーgoon l お祝い金がもらえる!ドライバー転職求人情報|タクシー求人情報の見方

タクシー会社の求人を比較する際のポイントをまとめてみました。
求人の見方を理解すれば、自分がどんな条件で働いていきたいのか明確にすることができます。
ぜひこちらを参考に求人の検索をしてみてください。

タクシー求人から会社の特徴を見てみよう

タクシー会社によって、サービスの提供内容や福利厚生などの待遇内容に違いがあるかと思います。
タクシードライバー経験者を優遇する会社や未経験者の方も歓迎する会社など募集はさまざまです。
タクシードライバーとして働くには、二種免許や営業地域(東京23区・武蔵野市及び三鷹市・大阪府・神奈川県)によっては地理試験の合格が必須となってきます。
資格の取得時にかかる費用を全額負担してもらえる会社もあります。
また、違った形で入社お祝い金としてもらえる会社もあります。

給与面でも一定期間の給与保証があったり、給与体系も(固定給や歩合制)さまざまですので、色々見比べて会社を選ぶといいでしょう。
自分の希望に合った働きやすい環境のタクシー会社に出会うといいですね。
各項目についてもう少し詳しく説明していきます。

研修中も給与がもらえます!

未経験社でもすぐに乗務することができます!
そのためにはまずは各社規定の研修をクリアしよう!

二種免許取得や社内研修を行うので、会社によって違いはありますが約1ヶ月前後かかります。研修期間中でも給与が発生する仕組みとなっています。
特に大手グループ会社によくある傾向となるので、チェックしてみてください。
募集要項にもあるかとは思いますが、1日あたりの金額が記載されていることが多いです。
研修中でも不安なことはありませんね。

乗務する前の大事な期間なので、しっかりと研修を受けましょう。

給与保証ってなに?

タクシードライバー未経験の方には、聞いた事がないかと思いますが、給与保証が比較ポイントのひとつになるでしょう。

研修を終えて、一人前のタクシードライバーになってから売上をあげられるようになって慣れるまでの間は会社によって給与保証という制度がある会社があります。
保証期間や保証金額もさまざまです。
保証期間が長く保証金額が高いところは、給与のなかで歩合の割合が多かったりとよく見比べる必要があります。

給与体系のポイント

未経験者の方を対象に給与保証があるのですが、一定期間が終わると通常の給与体系となります。
何種類かありますが、一番多いのが固定給にプラスして売上に対しての歩合給もつくものです。
給与が歩合率や固定給によってかわる仕組みとなります。

また、給与の全額を歩合制にしている会社もありますので自分の働き方にあわせて大事なチェックポイントとなります。
給与体系3つを紹介します。

A型賃金【基本給+歩合給】
 基本給があり、そこから歩合(売上に対しての割合)がプラスされます。

B型賃金【出来高制】 売上に対して歩合率をかけたもの。
完全な出来高制の給与体系。

AB型賃金 【出来高制(歩合の一部を年3回賞与として支給)】
B型賃金と同じで出来高制です。

タクシードライバーの働き方

タクシー求人を見るポイントはまだまだあります。

働き方については、自分のライフスタイルによって色々あるかと思いますが、本当に自分に合った(給与面や休日)勤務につくことが一番です。
募集要項には勤務体系について記載があるので、そちらとあわせてみてください。

お金を稼ぐコツや労働時間の決まりなど詳しく説明していきます。

タクシードライバーの勤務体系は大きく3つあります。
勤務体系によって、出勤日数・休日もかわってきますので、まずは種類を確認しましょう。

まずはタクシードライバーで一番多いといわれている隔日勤務です。
休日も多いことから人気の勤務体系です。
こちらは業務時間が朝から深夜までなのですが、翌日は必ずお休みとなります。
自由な時間が多く、夜も営業しますのでしっかりと稼ぐことができます。

女性や主婦、初心者は昼日勤務がおすすめです。
まだ慣れないうちは昼間の明るい時間で業務していくといいでしょう。
昼日勤務なら防犯に関しても、安心して乗務することができます。

高給を目指すのであれば、夜間勤務がいいでしょう。
夜間は公共機関が動かないため、長距離のお客様が増えます。
同時にタクシー料金も二割増しになるので、自然と売上が上がります。

タクシードライバーの福利厚生

正社員雇用であることを前提になりますが、タクシードライバーは福利厚生がしっかり完備されている会社がほとんどになります。

まずは、各種免許(二種免許・地理試験)を負担してくれるところは多いです。
違う形で入社祝い金として免許代に相当する会社もあります。

各種社会保険(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金)にプラスして、転居する際のサポート、子質量完備、仮眠・休憩室・大浴場、保養施設やサークル活動があったりとさまざまなものがあります。

他にも各種手当や、給与体系によってはボーナス(賞与)制度がある会社もあります。

これらをみてみると、タクシードライバーは給与にプラスして手当など充実していることがわかります。

タクシードライバーの労働時間について

タクシードライバーは長時間労働するイメージがあるかと思います。
しかし、労働者のために法律によってきちんと定めがありますので見ていきます。
厚生労働省が定める「自動車運転者の労働時間改善のための基準」から、勤務別に確認していきましょう。

拘束時間・・・労働時間と休憩時間を合わせた時間
休息期間・・・勤務者の休日、自由な時間

【日勤勤務】
①1ヶ月の拘束時間は299時間以内となります。
②1日13時間以内、残業がある場合は16時間以内となります。
③1日の休息時間は8時間以上です。

【隔日勤務】
①1ヶ月の拘束時間は262時間以内となります。1年のうちに6ヶ月までは270時間まで延長できる場合がある。
②1回の乗務は21時間以内となります。
③乗務終了後の休息時間は20時間以上です。

東京と地方ではどんな違いがあるのか?

東京のような大きな都市と地方では大きな違いがあります。
稼ぎ方、提供するサービス、利用客の違いなど見ていきましょう。

地方ではタクシーは駅やバスターミナルなど人が集まる場所につけてお客様を待つことが多いです。電話など配車予約を受けて、利用してもらいます。
観光地ではタクシードライバーが案内するサービスもあります。
最近では、大きな都市でも増えてきているようです。
大きな都市では、利用客が多いため車を走らせて(流し)お客様を見つけて乗車してもらいます。
都市では、人が多いのはもちろんのことタクシーの利用客が圧倒的に多いためこのような違いがあります。
この違いは、売上とタクシードライバーの給料にも反映されます。
仕事が忙しく大変ですが、主要都市で働くことは稼ぐことに繋がります。

効率よく稼ごう!!

【無線配車】
電話・Web・スマホアプリからタクシーを呼んで、お客様の呼んでいる場所へ迎えにいきます。
流してお客様をつかまえるよりも、行き先が明確なため、利用単価も高い傾向にあります。
無線配車ですと、待ち時間を少なくすることができるので、効率もよく稼げるようになります。

【タクシーチケット】
福利厚生などでタクシーチケットを利用している法人があります。
法人が契約している場合が多い、タクシーチケットの利用者は通常のお客様よりも中・長距離と高額の方が多い傾向にあります。
タクシーチケットを利用してくれるお客様を探すこともありですね。

【定額利用】
定額で長距離の利用を頻繁にするお客様は売り上げをあげることができます。
成田空港・羽田空港など定期的にりようしてもらえると、コンスタントに稼ぐことができますよね。


まだまだ稼ぐコツはあると思います。働きながら、見つけていってください!

キャリアアップもできる!

タクシードライバーとして経験を積んでいくと、さまざまなキャリアアップの道があります。

タクシーではなくハイヤーのドライバー、タクシー乗務にプラスして観光や介護などの新しいサービスを行う会社もあります。
タクシードライバーを極めてからやれることはたくさんあります!

またドライバーだけではなく、ドライバーを管理していく役職や内勤業務などがあります。

経験を活かし、社内研修や新人教育・フォローなどたくさんの場で活躍できます。
営業所の所長や、グループ会社の社長など・・・夢と目標をもって仕事していきたいですね。


PAGE TOP