1. 運転免許転職求人情報 l 東京で就職先を探すならドライバーgoon(グーン)トップ
  2. 年代別の働き方

年代別の働き方

ドライバーgoon l お祝い金がもらえる!ドライバー転職求人情報|年代別の働き方

ここでは年代別の働き方をご紹介します。
年代によって働き方って変わってくるかと思いますので、自分の年代と照らし合わせて確認していくといいでしょう。

20代の働き方

成人して大人になり、これから始まる長い人生の基盤となるのが20代となります。
10代から働く方もいらっしゃるかとは思いますが、大半の方が20代から社会人になります。

新卒採用は人生一度きりの体験ということもあり、みなさんとても気合いを入れて就職活動をしたことでしょう。
今までの学生とは違い、アルバイトではなく正社員として働いてお金を貰うということがどのようなことなのかを体感することでしょう。

ビジネスパーソンにとって基礎となる20代の働き方をまとめてみました。

タクシードライバーは20代にとって、実は向いている職業です。
なぜかというと、若い人にとって給与面がとても優遇されているのです。
タクシードライバーの給与体系は〔基本給+売上〕という形態が多いため、普通の会社のような年齢給ではないため、若くても稼ぐことができるのです!!
頑張って売り上げを上げた分だけ、お給料がもらえます。

勤務時間が長いイメージがあるかと思いますが、休憩も自分で決めてとることができます。
若いうちは体力もあり、自分のペースで働けるところも魅力のひとつです。
全て自己責任で行動するので、管理能力が高まるかと思います。

一番不安な事はお客様との接し方などのコミュニケーションの仕方という方も多くいらっしゃいます。
タクシードライバーはさまざまな研修を経て一人前になりますので、心配はいりません。

その他不安もあるかとは思いますが、普通免許を取得して3年以上経っている方なら誰でもなることができますので、オススメな職業です!!

30代の働き方

30代になると、20代で積んだ経験やスキルをこれから発揮していく!という方が多いかと思います。
転職を繰り返していろんな会社を見て、いろんな人と出会ってとさまざまな経験をしたでしょう。

例えば新卒から入社した会社で働いていると、自分も先輩になっていき、後輩ができたりと責任を持つところも多くなってきます。
会社に対しての不平・不満もでてくることでしょう。

そんな時に、タクシー乗務員採用への転職は考えたことありますか?
タクシーに乗る機会も多くなってるであろう30代の方が想像するタクシードライバーとはどのようなものなのか。
アンケートをとってみました。

・道に詳しくないとなることができない。
・年配のタクシードライバーが多い。
・給与は年齢の割には良い。
・勤務時間が深夜までだったり遅いので夜型生活になる。

という意見がとても多かったです。
しかし、イメージしているタクシードライバー少し悪い印象があるようですので、本当のところを確認してみましょう。

タクシー会社へ入社して、未経験者の方は二種免許と地理試験(東京23区など)を受けます。
また、社外研修に加えて社内研修もあります。
そこで一人前のタクシードライバーになり、一人で乗務していくので十分に勉強する機会があります。
あとは経験を積んで自然と道は覚えていくでしょう。

今、タクシー業界では若い方や女性のドライバー採用を積極的に行っています。
一昔前とは変わってきているのが現状です。
もちろんベテランのドライバーさんも多くいますので、年齢関係なく働くことができます。

勤務時間も朝から深夜まで働く『隔日勤務』というスタンダードな勤務があります。
勤務時間は長いですが休憩は多くとれますし、勤務した次の日はお休みになるので、夜型になる心配はございません。
気になる方は、朝から夜までの昼日勤務で働くことをオススメします。

40代の働き方

多くの方が結婚し、社会的責任と守るものが増えていくのが40代です。
転職が難しくなってくるのもこの年代からです。

悩んでいるようであれば、タクシードライバーを考えてみるのはいかがでしょうか。
タクシードライバーの一番多い年代が40代といわれています。

今から転職して未経験でタクシードライバーとして働くとなると、不安も大きいかと思います。
今までのキャリアを活かした仕事もいいですが、タクシードライバーはイメージよりもいいところが多くあります。

タクシードライバーの方から聞いた良い点をまとめてみました。

出勤日数が少ないため休日が多く、自分や家族のために使える時間も多くあるという点です。
また勤務中の休憩や食事など自分のタイミングでとることができます。
自分自身で行動することができるので、自分に合った営業方法を探していくのも面白味があるといいます。
また、やる気があり頑張ればそれなりに収入を貰うことができます。
稼げるときにできるだけ稼ぐなんてこともできるので、売上をあげればいくらでも収入が増えるというメリットもあります。

今からタクシードライバーになっても、社内の中でキャリアアップも狙える年代です。
タクシードライバーにプラスして介護資格を取得したり、観光タクシー、ハイヤードライバーや管理職を目指したり・・・。
きっかけはタクシードライバーでも他にもやれることはたくさんありますので、やりがいもあるかと思います。

キャリアアップを目指すのであれば、タクシー会社によってはキャリアプランが明確になっているところも多くございます。
目標をもって働くことはとても大事なことで、収入アップにも繋がりますのでぜひチャレンジして欲しいと思います。

50代の働き方

世間一般では転職は難しい年代になります。
しかし、タクシー会社への転職ではそんなことはございません。

50代からでも未経験でスタートする方が少なくありません。
タクシードライバーに転職する理由として、会社勤務での人間関係や給与面というのが多く感じられます。
タクシードライバーは基本的には一人で乗務します。
ですので、社内での人間関係に悩む必要はなくなります。
自己管理さえしっかりできれば、一人で勤務する良さは大きいと思います。

運転免許を持っていて運転することが好きであれば、どのような方でもタクシードライバーになることができます。

人生経験も豊富なので、若い方にはない営業の仕方やコミュニケーションの取り方があるかと思いますのでそこを活かして発揮してほしいと思います。

ここからのスタートで70歳まで働ける会社もありますので、まだまだやりがいはあると思います。
これからタクシー業界を支えてみてはいかがでしょう。

60代の働き方

60歳になりますと、早期退職など特別な場合を除くと定年退職をする方が多くいらっしゃいます。
しかし昨今の60代は元気な方が多く、まだまだ働きたいという方もいますよね!
アルバイトやパートに行くのもいいかとは思いますが、正社員としては雇ってもらえるところはほとんどないかと思います。

タクシードライバーは、60代からでも定年退職後も正社員として働くことができる職業です。
年齢的にとても厳しいといわれていますが、タクシー業界はそんな不安はありません。
年を重ねても正社員としてしっかり働きたいという方にピッタリです。

収入も安定させて、有意義な休日を送るなんてこともできますね。
定年退職後にも活躍できる職場があることはとてもいいことだと思いますので、今までのキャリアを存分に発揮していただきたいと思います。

ただしタクシー会社によって年齢制限を設けてある場合もありますので、求人情報や会社へ確認をしておくといいでしょう。

タクシードライバーとして働いてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP